賃貸物件の検索サイトの使い方。

楽器可能な賃貸でも、音漏れなどの可能性があるので、実際に試すことが必要です。また、マナーも大切です。

楽器可能賃貸に関する注意点

楽器を弾くことをたしなんでいる人にとって、楽器可能の賃貸物件はありがたいですね。しかし、楽器といっても、ピアノ、トランペット、バイオリン…と種類は様々です。当然、楽器ごとに弾いて出てくる音の大きさも異なります。楽器可能な物件ですから、最低限の防音はされていることでしょう。しかし、物件によっては楽器の種類に制限があるかもしれません。ですので、まずは、自分が弾いている、弾きたい楽器に制限はないかどうかを確かめましょう。

また、気になった賃貸物件に見学に行った際には、実際に音を出して、どれくらいの防音なのかを確かめるのも重要です。部屋で楽器を弾いて、一緒に見学についてもらってきている人に、どれくらい音が外に漏れ出ていたかを確かめてもらうのが良いでしょう。もちろん、聴覚は人それぞれですから、あくまでも参考程度ですが、それでも、いざ入居し、楽器を弾いていたら、予想以上に外に音が漏れていて苦情が来てしまった、などのトラブルは避けられるはずです。

最後に、楽器の音だけではなく、楽器を弾く時に発生する音にも注意が必要です。ピアノやドラムなどは、足を使って下にある部分も弾きます。そうなると、楽器の音とはまた違った、物音のような音も発生するはずです。そのような音は、楽器が出す音以上に響きます。複数階建ての賃貸物件の場合、その音が、下の階の部屋に響く、と言うことも考えられます。その辺りの防音は万全か、こちらは下の部屋に入らなくてはならないので試すのは難しいでしょうから、見学の際に、必ず担当の方に聞いておきましょう。最後になりましたが、いくら楽器可能な物件といえども、早朝や深夜には楽器を弾かない、また、ピアノやエレクトーンなどでしたら、可能な限りヘッドフォン着用で弾くなどの、最低限のマナーは必要です。

Copyright (C)2017賃貸物件の検索サイトの使い方。.All rights reserved.